ホーム >>  レーザーポインター周辺
  • 抗1064nm波長の赤外線ゴーグル スターリング抗レーザーガラス 特殊なメガネメガネ

抗1064nm波長の赤外線ゴーグル スターリング抗レーザーガラス 特殊なメガネメガネ

 

★親愛なる友人★レーザー防護メガネレーザー完全吸収型  全方位防護

何が待ってる?この機会を見逃すことはできないよ

 

  • 12464円
  • カラー : レーザーポインター周辺
  • 数量 :

レーザーポインターショッピング案内

HTPOW Ltdは1998年から半導体レーザー応用製品の設計、開発、製造などを始まり、ほぼレーザーポインターの黎明期から十数年以上に渡り、その技術と共に日々進歩と成長を続けております。ただ今、世界に優先的な技術を持つので、レーザーポインター、レーザーモジュール、LED懐中電灯,レーザーダイオードがもっとも良い品質を保証されました。
Wholesalejp.com販売サイトは高機能で品種豊富のレッド、グリーン、ブルーレーザーポインター、レーザーサイトを揃っております。
出力は1mwから30000mwまでの集めています。携帯に便利なペンタイプ、防水機能付きタイプ, 当サイトをどうぞご自由にご覧ください。

商品の詳細

光源は選択的ではない、レーザー防護メガネ光拡散安全PROTECTIONである入射の任意の角度は等しく有効な保護されている。
減衰率が高くなる。
に示すように、表面が着用することを恐れていない、傷があっても、光の安全性には影響しません。
光反応速く< 10-9秒;
まぶしい白を生成する特殊なメガネメガネの動作は良好なバリア特性を有している

 

製品:

このセクションでは、 280から1064まで、このカテゴリにおける効果的な保護ゴーグルレーザー波長レーザである。

抗208-540NM赤色波長レーザ、青色レーザ波長が580-640NMを防止することができる760-840NM波長レーザー、緑色レーザー、波長 694プルーフ、光の波長を防止することができる1064を防止することができるレーザー。黄色波長レーザーは488nmを防ぐことができ

質問:
1 、光学濃度( OD)は何ですか?
レーザーの特定の波長を表すために使用されるレーザー保護メガネを通しての割合であることができる。
たとえば、次のようにOD1 + :レーザーの特定の波長の10%を表し、レーザー保護メガネを介し得る
同様に:
OD2 + : 1%
OD3 + : 0.1%
OD4 + : 0.001
DO5 + : 0.0001%

OD6 + : 0.00001%
OD7 + : 0.000001パーセント

2 、可視光透過率( VLT %)
レーザー保護メガネを通して可視光の割合を示すために使用することができる。 VLT %高いレンズより多くの光、ビジョンが鮮明になります。
一方、光学密度( OD )は、光透過率の大きさに影響を与える

スターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネスターリング抗レーザーガラス、特殊なメガネメガネ
 

注:

* 目は体の最も敏感な器官の特殊なメガネメガネで ある。レーザエネルギーの特性が高度に空間および時間で濃縮したからである。によるレーザー照射を施し、網膜の単位面積あたりのエネルギーの役割に対する 眼の集束レンズは、角膜の約10 5倍の発生率の対応する量よりも高い。目にレーザーモノクロの良い強い色は最小限に抑えられます。パルスレーザ損傷はまばたきよりもはるかに高速であるた め、非常に小さな領域、エネルギー、極端な瞬間と相まって、 (パルスレーザーとして短い10msのをすることができますが、目、反射時間は、通常、 150-250msされ点滅)リリースに焦点を当て、レーザー照射でさえ低用量はまた、網膜や角膜に重大な損傷の原因となります。

 

レーザー保護メガネは最終手段

クラス3R以上のレーザーを扱う場合はレーザー用保護メガネを常に着用しているのが望ましい。しかし、レーザー保護メガネはレーザーによる眼の損傷を防止する最終的な手段と考えるべきである。使用するレーザー機器や周辺環境を整備し、使用者がレーザーの暴露を受ける機会をできる限り少なくすることはもちろんのこと、使用者に対する安全教育が十分になされなければならない。
光学濃度は大きいほうがいい?

MPEと放射露光だけを考慮してレーザー保護メガネを決定してしまうのは誤りである。例えば、高い光学濃度のレーザー保護メガネを使用すると可視光レーザーの光軸調整が困難になる。このとき光軸調整のために保護メガネを外すと危険である。よってレーザー保護メガネは適切なものを選ぶのがよい。

不必要な悩みを引き起こすためありがとうございます !

この製品のボーナス ライトと緑色の光 不必要なトラブルを避けるために、権利購入を選択してください、ありがとう!
注:でも失明、損傷を避けるために、光を直接見ないでください。
充電池と充電器と、上下に調節可能な製品。

 

Copyright © 2017 www.wholesalejp.com
このページに掲載の画像・文章・データなどの無断転用,転載をお断りします