ホーム >>  レーザーポインター周辺
  • 590-690nm / 650nmレーザー保護メガネ ゴーグル アンチレーザーメガネ

590-690nm / 650nmレーザー保護メガネ ゴーグル アンチレーザーメガネ

  • 3342円
  • カラー : レーザーポインター周辺
  • 数量 :

レーザーポインターショッピング案内

HTPOW Ltdは1998年から半導体レーザー応用製品の設計、開発、製造などを始まり、ほぼレーザーポインターの黎明期から十数年以上に渡り、その技術と共に日々進歩と成長を続けております。ただ今、世界に優先的な技術を持つので、レーザーポインター、レーザーモジュール、LED懐中電灯,レーザーダイオードがもっとも良い品質を保証されました。
Wholesalejp.com販売サイトは高機能で品種豊富のレッド、グリーン、ブルーレーザーポインター、レーザーサイトを揃っております。
出力は1mwから30000mwまでの集めています。携帯に便利なペンタイプ、防水機能付きタイプ, 当サイトをどうぞご自由にご覧ください。

商品の詳細

レーザーポインターレーザー用保護メガネ
約8倍も明るく感じます、特に強力のは目に触るおそれはあります。
 
万が一のため、専門の眼鏡を用意したら安心ですよね

 

レーザー保護メガネがあれば、れーざーの奇妙を十分に堪能できます!
 

光吸収原理によるレーザー保護メガネは:

そ の光源の使用は選択的ではない、拡散光は、バンドの安全性、さまざまなことができ、光源の入射角は選択的ではない、オールラウンドな保護は、特定の帯域 レーザーと光、光とすることができます反応より速く、より高い減衰率、表面が着用することを恐れていない、傷があっても、防犯灯には影響しません。

機能とパラメータ: 


◆製品名:レーザー保護メガネ
◆保護波長: 590-690nm
◆光学濃度OD :外径+ 4
◆可視光線透過率: 50%
◆保護機能:オールラウンドな保護吸収
◆適当なレーザー: He-Neレーザー/赤色レーザー
◆レンズ材質:軽量の複合樹脂材料合成
◆パッキング:黒いベルベットのボックス

レーザーは危険メガネ:


に よるレーザーエネルギーの特性に高度に空間および時間を濃縮することができる。カラー眼底の小さな単色レーザー光、 ; 104から105のエネルギー密度を向上させるために、角膜上のエネルギー密度より入射網膜を残して、網膜画像に焦点を合わせる眼の屈折媒体により形成さ れる。低いレーザーエネルギーをもたらし、上記の特徴の照射は、網膜や角膜の損傷を引き起こす可能性があります。

保護メガネ役割:

特異的なバンド保護効果のためのレーザー保護ゴーグル、効果は見事なレーザーを防止し、同時にレーザールックより鮮やかに明快なので、目の保護メガネのこのセクションを作ることができるだけでなく、特定のバンドの視覚効果を確実にする。

吸収ゴーグルの利点:
光源は選択的ではない、光拡散安全PROTECTIONである入射の任意の角度は等しく有効な保護されている。
減衰率が高くなる。
に示すように、表面が着用することを恐れていない、傷があっても、光の安全性には影響しません。
光反応速く< 10-9秒;
まぶしい白を生成するレーザの動作は良好なバリア特性を有している


590-690nm/650nmレーザー保護メガネ590-690nm/650nmレーザー保護メガネ590-690nm/650nmレーザー保護メガネ

 

レーザー用保護メガネの役割は”通常の散乱光からの保護”と"万一誤ってレーザービームが直接照射されるような事態が発生した場合にその状態から回避する時間内での保護"の二つに分けることができる。前者のレーザー保護メガネには、側面からのレーザーの進入を考慮した側面シールドつき枠に、プラスチック製吸収フィルタを装着したものや、ゴーグルタイプが対応する。一般的には軽量かつ比較的視野角の広いサングラスタイプのものが使われる。後者のレーザー保護メガネには、直接暴露光を前提とした堅牢なつくりの枠に、飛散防止を施したガラスフィルタを装着したものが対応する。両者のレンズフィルタはレーザーを遮光する光学濃度が同じであっても、直接レーザーに暴露した場合は後者のタイプのものが有利である。

 

注意項目
レーザ保護メガネを通して直接レーザビームをのぞき込まないでください。
レーザ保護メガネに直接レーザビームを当てないでください。損傷する場合があります。
使用可能なレーザおよび波長以外については使用しないでください。(同じレーザ名でも波長が異なる場合があります)
作業中、レーザ保護メガネを外さないでください。
溶接用の遮光メガネとして使用しないでください。
完全吸収型は、レーザ光を完全に吸収する保護具ではありません。(吸収特性グラフを参照してください)
標準可視光透過率が20%以下の製品は、暗室内での使用を避けてください。
一度でも大きなレーザエネルギーを受けたり、損傷が発生した場合は使用しないでください。
特定の波長の光を非常によく吸収しますので、長時間使用後一時的に眼のカラーバランスがくずれることがあります。

 

 

Copyright © 2017 www.wholesalejp.com
このページに掲載の画像・文章・データなどの無断転用,転載をお断りします